東京五輪前後に世界文化遺産PR 連携会議が方針確認

  • LINEで送る

世界文化遺産の地元市町村長らが出席した「世界文化遺産地域連携会議」の総会=6日午後、東京都千代田区

 全国の世界文化遺産の地元市町村長や有識者らでつくる「世界文化遺産地域連携会議」が6日、東京都内で総会を開いた。2020年東京五輪・パラリンピックの前後に、各地で遺産をPRするイベントを次々と行う「リレー催事」を開催する方針を確認した。

 期間は19年10月ごろから20年10月ごろまでの約1年間を予定。各地の祭りや行事、新たに企画するイベントなどのうち、海外に日本の魅力を発信できるものを12〜32件選び、来年の総会で正式決定する。

 候補として、姫路城(兵庫県姫路市)の外壁に映像を映し出す年越しイベントなどを挙げた。