七夕飾り福島で披露 豪雨被害の倉敷、祭り中止

  • LINEで送る

福島県いわき市の「平七夕まつり」で披露された、岡山県倉敷市の「水島港まつり」で展示予定だった七夕飾り=6日午後

 西日本豪雨の影響で中止となった岡山県倉敷市の「水島港まつり」で展示予定だった七夕飾りが6日、福島県いわき市の「平七夕まつり」で披露され、「すがすがしく華やいだ飾りだ」と地元の人々を喜ばせた。

 七夕飾りは倉敷市出身で東京都内在住のデザイナー桜井駿さん(26)が作製。高さ約5メートル、幅約3・5メートルで花火や浴衣など夏の彩りをテーマにした。7月上旬に開かれた神奈川県平塚市の祭りで入賞し、同月末の水島港まつりで展示される予定だった。桜井さんがツイッターで全国に展示先を募り、平七夕まつり実行委員の会田勝康さん(36)が応えた。