サッカー、OA選手を早期招集も 五輪世代で森保監督

  • LINEで送る

 原則23歳以下代表で争う2020年東京五輪サッカー男子の森保監督は3日、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠の選手について「次の大会からでも呼びたい。融合は早い方がいい」と述べ、本番に向け早期に招集してチームになじませる考えを示した。東京五輪世代のジャカルタ・アジア大会後の活動は11月の海外遠征となる見込み。

 OA枠を巡っては、ワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表の本田や長友(ガラタサライ)香川(ドルトムント)が名乗りを上げている。森保監督は「本当にありがたいし心強い。OA枠でチームのどこに、誰が必要か考えていきたい」と好意的に話した。