群馬県が「埴輪グランプリ」 人気ナンバーワン決定へ

  • LINEで送る

「群馬HANI―1グランプリ」への投票を呼び掛ける群馬県文化振興課の鈴木徹也さん=7月、群馬県庁

 群馬県は、県内で出土した埴輪の人気ナンバーワンを投票で決める「群馬HANI―1(はにわん)グランプリ」を始め、専用ホームページなどで受け付けている。県の担当者は「群馬は埴輪の質、出土量とも全国屈指だ。埴輪県群馬をとどろかせたい」と意気込む。

 県によると、群馬は古墳時代から関東地方で栄えた「東国文化」の中心地で、大和政権ともつながりがあった。1万3千基以上の古墳があったとされ、国指定の重要文化財の埴輪数は日本一。だが全国的な認知度は低く、「埴輪をきっかけに群馬の歴史に興味を持ってほしい」と企画した。