舞妓さんら、恒例夏のあいさつ 京都・祇園の「八朔」

  • LINEで送る

京都・祇園の夏の恒例行事「八朔」で、強い日差しの中あいさつ回りをする芸妓や舞妓ら=1日午前

 京都市東山区の祇園で1日、芸妓や舞妓が芸事の師匠やお茶屋にあいさつに回る夏の恒例行事「八朔」が行われた。

 芸妓や舞妓らは黒紋付きの礼装で、人間国宝の京舞井上流家元の五世井上八千代さん宅などを訪問。「おめでとうさんどす」「おたのもうします」とあいさつした。付近には朝から大勢の見物客が集まり、舞妓らが現れると、一斉にカメラで撮影していた。

 八朔は旧暦8月1日を指し、京都の花街では、日頃の感謝を込めてお礼や贈り物をする習わしが今も残っている。芸舞妓が連れ立って歩く姿は夏の風物詩になっている。