ダル「初めて痛み出なかった」 長期離脱の中、投球練習

  • LINEで送る

取材に応じるカブスのダルビッシュ=ピッツバーグ(共同)

 【ピッツバーグ共同】米大リーグ、カブスで右上腕三頭筋の腱炎のため故障者リスト(DL)入り後、右肘の炎症などが判明したダルビッシュ有投手は7月31日、チームがパイレーツ戦で遠征中のピッツバーグで35球の投球練習を行い「(5月26日に)DLに入ってからの2カ月で初めて痛みが出なかった。一番うれしい」と語った。

 細かな制球を気にせずに強く腕を振り、躍動感あふれるフォームも見せた。投球練習は7月24日に再開していた。

 大型契約で移籍1年目の長期離脱。ヤンキースなどで通算696本塁打を放ったロドリゲス氏が29日のテレビの解説で「チームにとって悪影響」と批判した。