将棋、藤井七段が最年少100局 勝率、1位タイの8割5分

  • LINEで送る

 将棋の藤井聡太七段(16)は31日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組の3回戦で西尾明六段(38)を破った。2016年10月にプロ入り後、1年9カ月、最年少で公式戦100局に到達。通算成績85勝15敗(勝率8割5分)は、中原誠16世名人(70)と並ぶ1位タイとなった。

 日本将棋連盟によると判明した記録で、3位は故大山康晴15世名人の通算80勝20敗。中原16世名人は最速の1年5カ月、19歳で100局に達した。第一人者の羽生善治竜王(47)は78勝22敗、1年9カ月、17歳だった。