レスターの岡崎慎司が渡英 「4年後を強く意識した」

  • LINEで送る

渡英前、取材に応じるレスター・岡崎=28日、羽田空港

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表FW岡崎慎司(レスター)が28日、所属先に合流するために羽田空港から渡英し、「悔しく、W杯に出たいと、初めて4年後を強く意識した。(代表を)引退する選手がいる中、諦めない姿勢を見せ続けたい」とW杯カタール大会への思いを述べた。

 左足首痛などの故障でロシア大会は不完全燃焼だった。4年後は36歳になるが「(欧州)四大リーグで結果を出し続ける」との目標を掲げる。

 今季はレスターとの契約最終年。ドイツ、イングランドのリーグを経験し、将来的にはスペインやイタリアへも挑戦したい考えを明かした。