NHK受信料、必要な場合値下げ 石原経営委員長

  • LINEで送る

 NHKの石原進経営委員長は24日の委員会後に取材に応じ、総務省の有識者検討会がテレビ番組のインターネット常時同時配信を容認する一方、受信料の見直しも求めた点について「(受信料は)視聴者から頂いているお金。必要な場合に値下げすることは当然考えていかないといけない」と述べた。

 石原委員長は、超高精細の4K8K放送や2020年東京五輪・パラリンピックに向けた資金需要もあるとして「視聴者、国民の要望に応えるためにはいろんなお金も必要。業務に必要なことはやっていかなければいけない」とも話し、慎重に検討する考えも示した。