独専門誌、香川と原口最高ランク W杯評価一覧

  • LINEで送る

香川真司

 【ケルン(ドイツ)共同】ドイツのサッカー専門誌キッカーは19日付で、同国リーグ所属で同国代表以外のワールドカップ(W杯)ロシア大会での各国代表選手に対する評価一覧を掲載し、三つのうち最高ランクの「納得のいく出来」に日本代表の香川真司と原口元気が入った。

 準優勝したクロアチアのレビッチを含む7選手が同ランクに選ばれた。

 長谷部誠、大迫勇也らは第2ランクの「まあまあの出来」。日本と対戦したポーランド代表のレバンドフスキは最低ランクの「期待外れ」だった。