エンゼルス大谷、右肘を再検査へ 問題なければ投手練習を再開

  • LINEで送る

14日のドジャース戦に出場したエンゼルスの大谷=ロサンゼルス(AP=共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスで右肘の内側側副靱帯を損傷して投球練習を控えている大谷が、19日にロサンゼルスで右肘の再検査を受ける。同日中に結果が公表されるかは不明だが、問題がなければ復帰に向けて投手としての練習を再開する見込み。

 大谷は6月7日に自身の血小板を患部に注入して組織の修復などを図る「PRP注射」を受けた。3週間後に受けた検査の結果から、投手復帰に1年以上を要する靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を回避する方針が決まった。投打の「二刀流」のうち打者で故障者リスト(DL)から7月3日に復帰し、投手では回復を待っている。