厚労相が横浜の児童相談所視察 機能分化の在り方議論へ

  • LINEで送る

横浜市の中央児童相談所の視察を終え、記者の質問に答える加藤厚労相=19日午前

 加藤勝信厚生労働相は19日、児童虐待の対応現場の実情を把握するため、横浜市中央児童相談所(同市南区)を視察した。

 同児相では、虐待の初期対応を担うチームと、その後の子どもの生活環境を支援する担当を分けており、加藤氏は、この取り組みについて職員からヒアリング。一時保護所内にある、生活空間や学習スペースも訪れ、遊んでいる子どもたちの様子も視察した。

 加藤氏は視察後、取材に応じ「職員から、さらなる体制強化が必要だと聞いた。(家庭への)支援と介入の機能分化も含め、児相の在り方について議論をスタートしたい」と述べた。