住友生命、運動で保険料3割安 健康増進型商品で競争

  • LINEで送る

住友生命保険の新商品「バイタリティ」の発表会で記念写真に納まる(左から)橋本雅博社長、浅田舞さん、真央さん姉妹、松井秀喜さんら=17日午後、千葉県浦安市

 住友生命保険は17日、ウオーキングなどの運動や健康管理の取り組みによって保険料が最大3割安くなる新商品を24日に発売すると発表した。契約者にはスポーツジムの利用料を割引するなどの特典も設け、継続的な活動を支援する。生保各社は健康増進型の商品に注力しており、競争が本格化しそうだ。

 新商品の名称は「バイタリティ」で、死亡保険や医療保険の特約として選べる。1日当たりの歩数や、血圧や体格指数(BMI)などに応じてポイントを付与し、年間のポイント数によって保険料が毎年変動する仕組みだ。アディダスの商品が安く買えたり、ローソンでコーヒーがもらえたりする特典もある。