仏国民、W杯優勝祝う 機動隊と衝突、死傷事故も

  • LINEで送る

15日、凱旋門がフランス国旗の「青白赤」にライトアップされたパリ中心部シャンゼリゼ通りで、サッカーW杯の優勝を祝うファンら(ロイター=共同)

 【パリ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のフランス優勝を祝う多くの国民が15日夜から16日未明に各地で街に繰り出し、一部は機動隊と衝突した。運転を誤るなどした死傷事故も起きた。フランスのメディアが伝えた。

 パリのシャンゼリゼ通りでは凱旋門がフランス国旗の「青白赤」や、スポーツ代表チームを象徴する鶏のマーク、「優勝2回」を表す二つ星でライトアップされた。

 パリの地下鉄は、市内6駅の駅名表示を代表のデシャン監督、主将のロリス選手の名前などにちなんで一時変更した。

 数十万人から100万人といわれる群衆の一部が暴徒化して、負傷者や逮捕者も出た。