もんじゅ内部を報道陣に公開 燃料取り出しへ「訓練徹底」

  • LINEで送る

公開された、使用済み核燃料を取り出すための「燃料出入機」=8日午後、福井県敦賀市

 日本原子力研究開発機構は8日、廃炉が決まった高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の内部を報道陣に公開した。安部智之所長は、廃炉の第1段階となる使用済み核燃料取り出しに向け「訓練を徹底し、安全最優先で職員が一丸となって取り組む」などと説明した。

 この日は、原子炉に近接する「燃料貯蔵設備」に保管してある使用済み核燃料を取り出すための「燃料出入機」と呼ばれる機器などを公開。

 機構は近く、燃料貯蔵設備にある制御棒を燃料に見立てて取り出し、付着した冷却材の液体ナトリウムを洗浄した後、水で満たした「燃料池」に移す訓練を開始する。