大リーグ、大谷が前田に無安打 平野は1回無失点

  • LINEで送る

ドジャース戦の5回、遊飛に倒れたエンゼルス・大谷。投手前田=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは6日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのドジャース戦に「6番・指名打者」で出場して相手先発の前田とメジャー初対決し、二回の第1打席は空振り三振、五回の第2打席は遊飛だった。七回は2番手投手から空振り三振を喫した。チームは六回を終えて1―2。前田は5回2/3を1失点で6勝目の権利を得て降板した。

 大谷は3日に右肘の靱帯損傷から打者として戦列に戻り、4日には復帰後初安打を放った。

 ダイヤモンドバックスの平野はパドレス戦で2―1の七回に2番手で登板し、1回を1安打無失点、1死球だった。チームは3―1で勝った。