福島原発、建屋最上階の画像公開 塗装はがれロボット残置

  • LINEで送る

東京電力福島第1原発2号機の原子炉建屋最上階の天井に設置されたクレーンの一部。塗装がはがれている=5日(東電提供)

 東京電力は5日、福島第1原発2号機原子炉建屋内の最上階の様子を撮影した画像3枚を公開した。建屋内には使用済み核燃料プールがあり、燃料搬出に向け、最上階にカメラ付き調査ロボットを入れて撮影した。画像では、最上階の天井に大きなレールが取り付けられ、表面の広範囲で塗装がはがれていた。東電は「雨水が漏れて湿度が高い状態だと考えられる」と説明した。

 別の画像では、2014年3月に投入して残されたままのロボットが撮影されていた。 もう1枚には、パイプや鉄骨のようなものが組み合わさった機器が写っていた。プール上部の燃料交換機で、目立った損傷は見られなかったという。