発射1秒でエンジン圧低下 落下、炎上の民間ロケット

  • LINEで送る

(左から)打ち上げ直後に落下し、炎上する小型ロケットMOMO2号機=30日、北海道大樹町 

 打ち上げに失敗した宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」(北海道)の小型ロケットMOMO(モモ)2号機は、発射後1秒でメインエンジンの圧力が低下し、いったん回復したが4秒後に再び低下して落下、炎上したことが分かった。稲川貴大社長が30日の記者会見で明らかにした。原因はエンジントラブルとみている。

 これまでのエンジン燃焼試験では経験していないトラブルだが、稲川氏は「打ち上げ時のデータや機体の一部も残っている」と述べ、今後の挑戦に意欲を示した。

 2号機は、昨年7月に打ち上げに失敗した1号機の尾翼などを強化し、制御方法を変更したものだった。