東海第2原発、審査終了にめど 原子力規制委員長が言及

  • LINEで送る

日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は20日の定例記者会見で、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働の条件となる審査について「(終了に)おおよその見通しを持てた」と述べた。原則40年の運転期間が終わる11月までに合格する必要がある三つの審査のうち、安全対策の詳細設計の審査が滞っており、規制委は一時打ち切りも示唆していたが、期限までの終了にめどが付いた。

 更田委員長は審査資料の提出などで日本原電の対応が大きく改善されたことを要因に挙げた。