U18高校日本代表候補に根尾ら 宮崎で開催のアジア選手権で

  • LINEで送る

大阪桐蔭の根尾昂内野手

 日本高野連は20日、今年9月に宮崎県で開催されるU18(18歳以下)アジア選手権に出場する高校日本代表の第1次候補選手に、選抜大会で2連覇を果たした大阪桐蔭の根尾昂内野手、藤原恭大外野手ら30人が決まったと発表した。大阪桐蔭勢は6人が候補に入った。

 昨年、18歳以下のワールドカップ(W杯)で活躍した報徳学園(兵庫)の小園海斗内野手も選出された。投手陣は2年生が6人選ばれた。

 春、夏の甲子園大会に出場していない選手も対象となる。夏の全国選手権大会の決勝後に18人を発表する。