コロンビア戦視聴率48・7% W杯、日本が勝利

  • LINEで送る

東京ドームで行われたパブリックビューイングで、日本の先制を喜ぶサポーター=19日夜、東京都文京区

 19日夜にNHK総合で生中継されたサッカーのワールドカップ(W杯)の日本対コロンビアの平均視聴率が、関東地区で前半42・8%、後半48・7%だったことが20日、ビデオリサーチの調べで分かった。関西地区は前半37・6%、後半44・1%だった。

 瞬間最高視聴率は関東が55・4%、関西が50・7%で、試合終了前後の時間帯だった。

 試合は日本がPKで先制し、一度は追いつかれたが後半に追加点を奪い、2―1で勝利した。

 W杯中継での平均視聴率の最高は、2002年日韓大会の日本対ロシアで記録した66・1%(関東地区)。