「痩せ」選手生命に影響 18年版男女共同参画白書を決定

  • LINEで送る

澤穂希さん

 政府は15日の閣議で、2018年版男女共同参画白書を決定した。スポーツ界での女性の活躍や健康課題を取り上げ、痩せといった状態が、骨密度低下など選手生命や引退後の健康に影響すると指摘。元サッカー女子日本代表の澤穂希さんら有名女性選手へのインタビューも織り交ぜ、正しい理解の必要性を訴えている。

 近年の夏冬の五輪大会に出場の日本選手団のうち、女子選手の割合はおおむね半数で推移。金メダル獲得数は女子が男子を上回っている。

 一方、運動量に対して食べる量が追い付かずに無月経や低栄養、低体重に陥り、骨密度が下がって疲労骨折する例が少なくないと紹介している。