覚醒剤使用容疑で警部逮捕 警視庁荏原署の交通課長

  • LINEで送る

 警視庁は11日、覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反の疑いで、警視庁警部で荏原署交通課長の渡部康浩容疑者(50)=神奈川県横須賀市=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めており、警視庁は入手経路などを捜査している。

 逮捕容疑は5月下旬から6月11日までの間に、東京都か神奈川県周辺で覚醒剤を使用した疑い。

 警視庁によると、渡部容疑者は「最近使ったのは9日。自宅近くのサウナで注射した」と話している。

 今月8日に出勤した際、汗を多くかいている上、同僚に「自分は行動確認されている」などと発言。警視庁は11日に事情聴取、尿検査で覚醒剤成分が検出された。