日大前監督、反則指示改めて否定 アメフット選手に謝罪

  • LINEで送る

日本大アメリカンフットボール部の反則問題を巡り、記者会見で質問に答える内田正人前監督。左は井上奨コーチ=23日夜、東京都千代田区

 日本大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大は23日、内田正人前監督と井上奨コーチが都内で緊急記者会見を開き、関学大の選手を危険なタックルで負傷させた選手への意図的な反則指示を改めて否定した。宮川選手や関学大の選手、保護者らには謝罪した。

 内田前監督は悪質な反則タックルについて指示を否定。「やらなきゃ意味ないよ」と言ったのかとの問いには「絶対に言っていない」と述べた。井上コーチは「宮川選手にクオーターバックを倒してこいと言ったのは真実」とした上で「けがさせる目的の指示はしていない」と繰り返した。