千葉殺傷「かっとなってやった」 容疑者、執拗に襲ったか

  • 0
  • LINEで送る

 千葉市稲毛区の居酒屋で13日夜、同区の家族4人が切り付けられ、幼稚園児高木彩友美ちゃん(6)が死亡した事件で、千葉県警が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した母親(42)の兄の元千葉市議小田求容疑者(46)が「かっとなってやった」と供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 いずれも重傷を負った父親(44)と母親に刃物による複数の傷があることも分かった。彩友美ちゃんの背中の刺し傷が肺に達していたことも既に判明しており、4人を執拗に襲った疑いがあるとみて、状況や経緯を詳しく調べる。