大リーグ、大谷2失点で3勝目 4月8日以来の白星

  • LINEで送る

 【シアトル共同】米大リーグは6日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がシアトルでのマリナーズ戦に先発し、6回0/3を投げて1本塁打を含む6安打2失点、6三振3四死球で4月8日以来の白星となる3勝目(1敗)を挙げた。試合は8―2だった。

 大谷は4月27日の試合中の走塁で左足首を捻挫し、1日の先発を回避。登板は4月24日以来で中11日だった。

 ダイヤモンドバックスの平野はアストロズ戦で2―1の七回途中に3番手として登板し、2/3回を無安打無失点、1三振だった。チームは3―1で勝った。