南北会談「最初のテスト」 非核化で米高官

  • LINEで送る

記者会見するソーントン米国務次官補代行=26日午後、東京都港区の米大使館

 来日したソーントン米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)は26日、東京都内で一部メディアと記者会見し、非核化に関する北朝鮮の真意について「懐疑的だ」と述べた。見極めるには行動を見なければならず、27日の南北首脳会談が「北朝鮮の真剣さを測る最初のテストになる」と語った。

 米朝の交渉を巡っては、北朝鮮に時間稼ぎをさせないため「トランプ大統領には非核化プロセスを長引かせないとの決意がある」と述べた。「時間を与え過ぎれば(非核化が)後退したり、適切に実行できなかったりする落とし穴がある」と警戒感を示し、実現するまで最大限の圧力を維持する方針を重ねて示した。