インフル患者2千万人超 今期の流行、過去最大

  • LINEで送る

 今シーズン(2017年9月〜18年4月)にインフルエンザになった推計患者数は2230万人を超え、統計を取り始めた1999年以降、最多となったことが25日、国立感染症研究所への取材で分かった。

 過去10年間で最も多かったのは昨シーズンの1672万人。新型インフルエンザが流行した09年の夏場から10年春にかけての推計患者数約2100万人も追い越した。

 今シーズンは例年よりやや早い昨年11月下旬に流行入り。1〜2月には週間患者数が3週連続で過去最大を更新した。検出されたウイルス型は、例年流行が終わる2月ごろから増え始めるB型が、A型と同時に流行したことが特徴。