ごろ寝でハワイへ空の旅、来春 「カウチシート」初導入

  • LINEで送る

全日空がエアバスA380で導入する「カウチシート」のイメージ(同社提供)

 全日空は25日、2019年春にホノルル線で就航する総2階建て超大型機エアバスA380の内部仕様を公表した。総座席数は520席で、3〜4席分をベッドのように利用できる「カウチシート」を国内航空会社で初めて導入する。

 カウチシートとして利用できるのは、エコノミークラス383席のうち60席部分。肘掛けを上げるとともに、レッグレストを座面とフラットになるようにはね上げ、寝転ぶことができる。全日空は、子ども連れらによる需要を見込む。

 授乳やおむつ交換ができる多目的ルームや、ファースト、ビジネス、エコノミーの各クラスで利用できる計5カ所のバーカウンターも備える。