日米貿易で6月以降に閣僚協議 茂木経済再生相

  • 0
  • LINEで送る

 茂木敏充経済再生担当相は24日の閣議後の記者会見で、日米首脳会談で開始が決まった新たな貿易協議について、1回目の閣僚会合は6月中旬以降に開かれるとの見通しを示した。日本としては、米国が意欲を示す2国間の自由貿易協定(FTA)は受け入れないとの考えを改めて強調した。

 日本の国会では、米国を除く11カ国で署名した環太平洋連携協定(TPP)の審議が始まっており、貿易協議は国会終了後になるという。日本はTPPの国内手続きを終えて、TPPに戻るよう米国を説得する考えだ。