新体操、16歳大岩が前半トップ 世界選手権代表選考会

  • 0
  • LINEで送る

大岩千未来のボールの演技=高崎アリーナ

 新体操の世界選手権(9月・ソフィア)代表選考会第1日は21日、群馬県の高崎アリーナで個人総合前半のフープとボールが行われ、16歳の大岩千未来(イオン)が合計32・800点で首位に立った。河崎羽珠愛(イオン)が1・800点差の2位。22日に後半の2種目を実施し、トップが代表に決まる。

 日本の出場枠は三つ。昨年の世界選手権種目別フープで銅メダルを獲得した皆川夏穂(イオン)と個人総合12位の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)は既に代表入りしている。

 選考会で今夏のジャカルタ・アジア大会代表も決める。