野党から防衛相の辞任要求相次ぐ 自衛官暴言巡り

  • 0
  • LINEで送る

 野党幹部から18日、幹部自衛官による民進党の小西洋之参院議員への暴言を巡り、小野寺五典防衛相の辞任を求める声が相次いだ。自衛隊の最高指揮官である安倍晋三首相にも責任があるとして、徹底追及する構えだ。

 共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で、小野寺氏が自衛官について「彼も思うことはある」と心情に理解を示したと受け取られかねない発言を問題視。「ことの本質が分かっていない。小野寺氏の責任は極めて重大だ。辞任に値する」と述べた。

 民進党の平野博文国対委員長も会見で「小野寺氏の発言は、深刻さを全く理解していない」と批判した。