17年医療事故4千件、最多更新 評価機構への報告

  • LINEで送る

 日本医療機能評価機構(東京)は29日、2017年に全国の医療機関から報告があった医療事故は前年比213件増の4095件で、年単位の集計を始めた05年以降、最多を更新したと発表した。

 事故情報の収集事業に参加している1049の医療機関のうち、375施設から報告があった。機構は「事故が起きたら報告するという流れが定着しつつある」としている。

 法令に基づき報告を義務付けられた大学病院や国立病院機構の病院などからの報告が3598件と、9割近くを占めた。このうち死亡事例が261件(7・3%)、障害が残る可能性が高い事例は361件(10・0%)だった。