がんゲノム医療始動、111病院 4月から 遺伝子調べて治療選定

  • LINEで送る

 厚生労働省は27日、がん患者の遺伝子を調べて最適な薬や治療法を選ぶ「がんゲノム医療」が受けられる全国100カ所の連携病院を公表した。既に選定されたブロックごとの11の中核病院と協力して、4月から条件に合ったがん患者らに医療を提供する。

 群馬など5県にはないが、厚労省は今後追加し、全ての都道府県に設置する方針。

 医療を受けられるのは、標準治療を終えたがん患者や、治療法がない患者が対象となる。中核病院や連携病院でがん組織などの検体を採取し、次世代シーケンサーと呼ばれる解析装置を使って、がんの原因となっている遺伝子変異を特定。専門家が相談して、治療法を決める。