iPSから網膜の細胞作製 東北大、緑内障解明に期待

  • LINEで送る

 ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、光の情報を脳に伝える網膜の神経節細胞を作製したと、東北大や理化学研究所などのチームが27日までに、米科学誌に発表した。失明につながる緑内障の根本原因の解明や、新たな治療法の開発に役立つとしている。

 緑内障は視野が欠ける病気。網膜の神経節細胞の突起は束ねられて視神経となり、その視神経が何らかの原因で傷つくと緑内障が引き起こされる。

 チームは、iPS細胞から立体状の網膜組織を作製。特定のタンパク質に付着する抗体の特性を利用して不要な細胞を除き、品質の高い神経節細胞を取り出した。