大リーグ、大谷7番で無安打 田中は4回6奪三振 

  • LINEで送る

レッズ戦の6回、左飛に倒れたエンゼルス・大谷。投手ギャレット=テンピ(共同)

 【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは12日、各地でオープン戦が行われ、投打の「二刀流」で注目されるエンゼルスの大谷はアリゾナ州テンピでのレッズ戦に「7番・指名打者」で臨み、4打数無安打だった。チームは4―3で勝った。ヤンキースの田中はツインズ戦に先発し、4回を4安打2失点で6三振を奪った。チームは1―2で敗れ、田中が負け投手になった。

 マリナーズのイチローは「2番・左翼」でホワイトソックス戦に出場し、2打数無安打だった。七回の守りから退いた。当初発表の3番から変更になった。

 パドレスの牧田は13日(日本時間14日)のカブス戦に向けて軽めに調整した。