仮想通貨流出、顧客補償を開始 コインチェック、計466億円 

  • LINEで送る

コインチェックが入るビルの案内板=2月、東京都渋谷区

 仮想通貨交換業者のコインチェックは12日、仮想通貨「NEM(ネム)」の流出に対する顧客への補償を同日中に開始すると発表した。対象は約26万人で、合計約466億円。流出発覚後に停止していた仮想通貨の引き出しや売却などの取引も一部で再開する。一部利用者の口座には入金が始まった。

 補償は日本円で実施し、顧客が保有するコインチェックの口座に振り込む。資金を引き出すためには別途、申請が必要となる。

 また、ビットコインやイーサリアムなど6種類の仮想通貨を12日から引き出せるようにするほか、イーサリアムやリップルなど5種類の仮想通貨では売却も受け付ける。