観覧車の扉開いたまま運転 中に小3男児、西武園 

  • LINEで送る

 西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)を運営する西武レクリエーションは12日、大観覧車で小学3年の男児1人が乗ったゴンドラの施錠確認を怠り、扉が開いたまま運転していたと明らかにした。男児は扉を自分で閉め、けがはなかった。

 同社によると11日午後4時半ごろ、男児の乗ったゴンドラが高さ約20メートルに達したところでスライド式の扉が約20センチ開いた。乗降口で待っていた人からの指摘で係員もトラブルを把握したが、緊急停止させずにゴンドラは周回した。

 西武園ゆうえんちは15日まで臨時休園する。西武レクリエーションは「係員の教育の再徹底など再発防止に努める」としている。