仏デザイナーのジバンシー氏死去 モード界で1950年代から活躍 

  • LINEで送る

死去したフランスの服飾デザイナー、ジバンシー氏=2007年(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのモード界で1950年代から活躍し、女優オードリー・ヘプバーンさんの映画衣装などをデザインしたユベール・ド・ジバンシー氏が10日、死去した。91歳だった。フランスのメディアが12日伝えた。詳しい死因などは明らかになっていない。

 ヘプバーンさんが主演した米映画「麗しのサブリナ」(54年)、「ティファニーで朝食を」(61年)などのヒットとともに、独特の清楚でエレガントなデザインが世界的な人気を博した。

 女優のグレタ・ガルボさん、イングリッド・バーグマンさんのほか、ジャクリーン・ケネディ元米大統領夫人ら著名人の衣装を手掛けた。