袴田さん同行で早期再審を要請 東京高裁に 

  • LINEで送る

 死刑確定後、静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌さん(82)の即時抗告審で、再審請求人の姉秀子さん(85)と弁護団が12日、早期に再審開始を決定するよう東京高裁に申し入れた。袴田さん本人も初めて同行した。高裁は今春に再審可否の判断を示す方針を示している。

 弁護団によると、袴田さんが釈放後に裁判所を訪れるのは初めてで、確定死刑囚による要請自体が極めて異例という。

 袴田さんは、弁護団の「高齢であり、精神状況からして、普通の生活を取り戻すには早期の無罪判決が必要」とする申し入れ書の提出に立ち会った。