事故死の可能性と高裁、大崎事件 弁護団、早期無罪求める 

  • LINEで送る

入院先の鹿児島県内の病院で、大崎事件で福岡高裁宮崎支部が再審開始を認めたことを支援者から知らされた原口アヤ子さん=12日(弁護団提供)

 鹿児島県大崎町で1979年、農業中村邦夫さん=当時(42)=の遺体が見つかった大崎事件で、福岡高裁宮崎支部決定は12日、昨年6月の鹿児島地裁決定に続き、殺人罪などで服役した義姉原口アヤ子さん(90)の再審開始を認めた。法医学鑑定に基づき「事故死の可能性」に言及。殺人事件の構図に重大な疑義を生じさせる判断で、弁護団は早期に再審無罪とするよう求めた。

 原口さんは一貫して否認したが、元夫と親族2人とともに逮捕された。知的能力に問題があった親族らは「原口さんの指示で、首を絞めて殺害した」と「自白」。一審鹿児島地裁で懲役10年とされ、81年に最高裁で確定した。