新出生前診断の拡大阻止を 「命を選別しないで」集会開催へ 

  • LINEで送る

 日本産科婦人科学会による新出生前診断の実施施設拡大方針を阻止しようと、障害のある子を育てる親たちでつくるグループなどが10日に京都市で集会を開く。「生まれようとしている命を選別しないで」と題し、旧優生保護法下での障害者らへの不妊手術の問題に詳しい専門家らも参加。誰もが安心して産み、育てられる社会の在り方を考える。

 新出生前診断は臨床研究として2013年に開始。妊婦の血液を採取し、含まれる胎児のDNAを分析することで、ダウン症、13および18トリソミーの三つの染色体異常を調べる。