時速235キロで走行の疑い 会社員を逮捕、中央自動車道 

  • LINEで送る

 法定速度が時速100キロの中央自動車道を、外国製スポーツカーで時速235キロを出して走行したとして、警視庁交通執行課は1日、道交法違反(速度超過)の疑いで、東京都世田谷区、会社員白井良宗容疑者(41)を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市内の中央自動車道上り線で、時速235キロを出して車を運転した疑い。

 交通執行課によると、現場の速度違反取り締まり装置が白井容疑者の車を検知し、発覚した。同容疑者は「(装置の映像が)自分かどうか分からないので認めません」と話している。