ブルーインパルスを告発、奈良 住民「無許可で曲技飛行」 

  • LINEで送る

告発状の提出後、記者会見する住民側弁護士(左)ら=1日午前、奈良市

 航空自衛隊奈良基地(奈良市)が2016年に開いたイベントでアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が無許可で曲技飛行したとして、奈良県などの住民約130人が1日、航空法違反の疑いで、当時の基地司令への告発状を奈良地検に提出した。住民による告発は今年1月の愛知県・空自小牧基地に続き、2例目とみられる。

 告発状などによると、16年11月5、6日のイベントで、ブルーインパルスは奈良県北部や京都府南部を飛行。航空法では人口密集地で曲技飛行をする場合、国土交通相の許可が必要と規定しており、住民は、反転などを伴う曲技飛行が無許可で行われたとしている。