イラン抗議デモ、5人死亡 神秘主義信徒300人拘束 

  • LINEで送る

 【テヘラン共同】イランの首都テヘラン北部の路上で19日夜、イスラム教神秘主義(スーフィズム)の信徒が当局による弾圧に抗議してデモを行い、治安部隊との衝突に発展した。部隊の5人が死亡し、双方合わせて30人以上の負傷者も出た。当局は信徒ら300人以上を拘束した。地元メディアが報じた。

 イランでは昨年末、生活苦に端を発する反政府デモが全土に拡大し、参加者23人が死亡したが、今年1月上旬には沈静化。今回のデモとは直接の関わりはないもようだ。