修理依頼のベース質入れの容疑 楽器店長を逮捕、被害20件超か 

  • LINEで送る

 修理の依頼を受けた高額のベースを勝手に質に入れたとして、警視庁杉並署は14日、業務上横領の疑いで、楽器店の店長だった職業不詳の山本誠容疑者(46)=埼玉県本庄市五十子3の13の6=を逮捕した。

 逮捕容疑は、2015年10月中旬、東京都練馬区の男性(53)から修理の依頼を受けていたベース(時価100万円相当)を現金25万円で質入れし、横領した疑い。

 杉並署によると、山本容疑者は容疑を認め「店の運転資金が足りなかった」と供述している。同様の被害相談が約20件寄せられていた。

 山本容疑者は杉並区高円寺北2丁目の楽器店「バディサウンドワークス」の店長をしていた。