河野氏がブルネイ外相と会談 インド洋戦略で協力要請 

  • 0
  • LINEで送る

海上自衛隊の艦船上で隊員らを前にあいさつする河野外相(左)=11日、ブルネイ・ムアラ港(共同)

 【バンダルスリブガワン共同】河野太郎外相は11日、ブルネイの首都バンダルスリブガワンでエルワン第2外務貿易相と会談し、安倍政権の外交方針「自由で開かれたインド太平洋戦略」の推進に向けた協力を呼び掛けた。エルワン氏は「日本と連携し、理解を深めたい」と応じた。

 河野氏は、今夏まで東南アジア諸国連合(ASEAN)の対日窓口を務めるブルネイを通じ、同戦略を浸透させたい考えだ。日本の外相のブルネイ訪問は5年ぶり。

 会談後、河野氏は同国内で中国企業が整備するムアラ港を訪れ、練習航海で寄港した海上自衛隊の艦船を視察した。