南海トラフ地震、確率微増 30年以内「70~80%」 

  • 0
  • LINEで送る

 政府の地震調査委員会は9日、東海沖から九州沖に延びる南海トラフ沿いでマグニチュード(M)8~9級の巨大地震が30年以内に発生する確率が昨年よりわずかに上がり、今年1月1日時点で「70~80%」になったとの評価を発表した。

 想定した地震が起きない限り確率は時間とともに少しずつ上がり、今回は計算結果の四捨五入の関係もあって昨年の「70%程度」より一つ高いランクになった。

 北海道東部の根室沖でM7・8~8・5程度の巨大地震が30年以内に起こる確率も、昨年の「70%程度」から「80%程度」に1ランク上がった。