殺人未遂容疑で慶大生逮捕 父親の腹部刺す、東京・大田区 

  • 0
  • LINEで送る

 同居する父親をナイフで刺したとして、警視庁田園調布警察署は19日までに、殺人未遂容疑で東京都大田区、慶応大生鳥屋智成容疑者(20)を現行犯逮捕した。父親は病院に搬送されたが、死亡が確認された。同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。

 逮捕容疑は18日午後10時10分ごろ、自宅リビングで父親の多可三さん(58)の腹部を刃渡り13センチのナイフで刺し、殺害しようとした疑い。

 田園調布署によると、智成容疑者は多可三さんと50代の母親、弟の4人暮らし。多可三さんが弟に説教をしているのをやめさせようとして刺したという。別の部屋にいた母親が119番した。