北日本、北陸で大雪続く 強い寒気、14日も要警戒 

  • LINEで送る

 強い冬型の気圧配置と上空に流れ込んだ強い寒気の影響で、日本列島は13日、各地でこの冬一番の寒さとなり、北日本や北陸を中心に大雪が降った。北陸や西日本の日本海側では、大学入試センター試験2日目となる14日も大雪が予想され、気象庁は路面凍結による事故などへの注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、13日午後8時までの24時間降雪量は石川県加賀市で42センチ、長野県小谷村で35センチ、福井市30センチなど。午後8時までの積雪は、青森市の酸ケ湯で257センチ、山形県大蔵村で256センチだった。新潟市は平年の8倍以上の67センチだった。